妖刀村正、次々と徳川家に災いをもたらす刀、武士が持つ刀にあらずと忌み嫌われた名刀

投稿者: |

妖刀と聞いて背筋がゾワゾワとする人、怖くて耳を塞ぎたくなる人、さまざまいると思いますが、とにかく聞いて見て下さい。徳川家康が、御家に仇なす刀といい、これを何が何でも遠ざけようとし、一族は無論のこと家臣たちにも所有を禁じ、家康がとにかく嫌った刀。

だが徳川家を打倒しようとする者たちに、これがかえって村正は何が何でも欲しい刀、大坂の陣の戦いで家康を苦しめ、あと一歩で家康の首が取れるところまで行った真田幸村、徳川家に謀叛を企てた由井正雪、幕末維新で活躍した西郷隆盛、幕末の倒幕派の志士たちが競って村正を求めました。

そんな村正、虚実入り混じるが、幾つかの伝説があるので有名です。その中での1つの伝説が、村正と、こちらも名刀で有名な正宗のどちらが、よく切れる刀か比べようという話になり、まずは村正を小川のせせらぎに刃先を上流に向かい突き立てたところ、1枚の木の葉が流れてきて、村正の刀に吸い寄せられ、近づいたと思っていると、次の瞬間、木の葉は、すっぱりと両断され、今度は正宗、また同じように木の葉が流れてきたが、今度は刀に当たる直前で木の葉の方からよけて下流へ流れていってしまいました。

このことから「刀は本来は身を守るもの、村正の刀は自ら争いや災いを引き寄せる妖刀であって武士がたばさむ刀にあらず」との評価を受けてしまったそうです。無論、伝説は伝説、後世、村正が徳川家から忌み嫌われたという事実を講釈師が張扇の中から叩き出した逸話なのでしょう。

しかし、このような伝説や虚構、逸話が、まことのようにささやかれ世の中を流布したくらいなのですから、家康が忌み嫌い、一族や家臣たちに所有を禁じ、江戸時代を通じて村正は忌まわしい刀として徳川家と徳川家臣から遠ざけられ、それを知った者たちが、徳川家を打倒しようとする者たちが、村正をこぞって欲しがったのもうなずける話。

そして世間の人々も、そのことを知って、まことしやかに話を伝え、江戸時代を通して伝説、虚構、逸話として語られ続けてきたのでしょう。「妖刀」と形容されてしまった「村正」は本当は、たまたまよく切れる刀であって、試したとき正宗のとき、たまたま木の葉が小川の流れによるタイミングが良くなかっただけなのかもしれません。ですが科学文明の劣っていた頃の江戸時代の話ですから、そういった現象が起きれば、村正を「妖刀」として忌み嫌い遠ざけた家康の気持ちもわからなくはないですね。